【石垣島を知る】石垣島の魅力【魅力】

【石垣島の魅力】

川平湾

石垣島は、沖縄本島那覇から南西へ約410km(那覇空港から飛行機で1時間)の東シナ海に浮かぶ八重山諸島の主島です。
沖縄本島、西表島に次ぎ、県内で3番目に大きな島で南国特有の温暖な亜熱帯海洋性気候と、透明度の高い海が魅力特にマンタとの遭遇率はとても高く、世界中から多くのダイバーが訪れることで有名です。

石垣市は八重山諸島(竹富町・与那国町を含む)の経済や観光の中核を担うリゾートシティで、日本最南端・最西端の拠点都市です。
中心地にはホテルや飲食店、お土産物店が立ち並び、数十分車を郊外に走らせれば大自然が広がる両方満喫できる 島です。

南ぬ島石垣空港

【アクセス】
2013年には新空港、南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港が開港し、路線の拡充やLCCの就航により、これまで以上に、石垣島が身近にそして便利に渡航しやすくなり年間観光客数は136万人を超え、国際線ターミナル開港にて台湾や香港などアジア圏を中心に、海外からの観光客も増えています。
また国内外からのクルーズ旅客も多く訪れています。

マンタ

【海】
石垣島は透明度が高い海、そしてマンタやウミガメが見られる海として、日本有数の人気を誇ります。なかでもグリーンミシュランガイドで三つ星を獲得した川平湾は国の名勝にも指定された景勝地として、白い砂浜とエメラルドグリーンの海による美しいパノラマが広がります。

満天の星空

【星空】
石垣島は星空の島としても知られ、2018年3月に国際ダークスカイ協会により光害の少ない地域という事にて「星空保護区」として認定されました。
またジェット気流の影響がない星空は、全天88星座のうち南十字星を含め84の星座が輝き、夜も大自然を満喫する事ができます。

ソーキそば

【食】
石垣島の近海は魚の宝庫。
新鮮な魚をお刺身、マース(塩)煮、天ぷらで食べるのが主流となっており、 近海で獲れる本マグロやカツオは絶品です。
石垣島の自然豊かで、ストレスの少ない肥育環境で育てられた数あるブランド牛は黒毛和牛の真髄。さっぱりとした良質な脂と旨味が堪能できます。
また南国フルーツも豊富特に、糖度の高いパイナップルにマンゴーは絶品です。